兵庫SR経営労務センターHOME > 兵庫SR経営労務センターについて > ごあいさつ
兵庫SR経営労務センター 会長:古澤 克彦
兵庫SR経営労務センター
会長  古澤  克彦

 謹啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 平成27年度第29回兵庫SR経営労務センター通常総会及び第21回兵庫SR建設業労災協会通常総会にて、会長就任のご承認を頂きました古澤克彦です。

 就任にあたり、企業経営者の皆様、国民の皆様にご挨拶を申し上げます。

 現在の日本において、ハイレベルな企業間競争の成果として、素晴らしい製品とサービスが溢れています。それは、為替相場の変動と相まった、近隣諸国からの渡航者による商品大量購入という形でも改めて認識されることとなりました。また長期にわたる低金利政策のもと、企業において、資金調達は困難ではない状況が続いていると思われます。このような環境下で、今日の日本社会において求められていることは、「人と企業の関係をより良くすること。」であると考えます。その課題解決に最も期待されているのは、労務管理の専門家として企業に関与する、我々社会保険労務士であります。我々兵庫SRは、組織体として、その期待にこたえるべく、活動して参ります。

 また、全企業数に占める中小零細企業数は99%と言われています。兵庫SRは、兵庫県最大規模の労働保険事務組合として、個々の社労士が窓口となり、事業主の皆様に、労災保険特別加入、雇用保険手続代行を含めた労働保険事務委託制度を、ご活用していただいております。

 そして、社労士は、労災保険、雇用保険のみならず、年金、医療保険等の国民を守るセーフティーネットである社会保険制度のプロですので、国民の皆様には、事務組合制度の利用と合わせて、社労士の知識やスキルをぜひご活用いただきたいと思います。

 以上、簡単ですがご挨拶といたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。

謹白


兵庫SR社労士会員検索
兵庫県社会保険労務士会